建設業経営業務の管理責任者について

写真 経営業務の管理責任者としての経験が必要です
経営業務の管理責任者としての経験とは、営業取引上対外的に責任を有する地位にあって、建設業の経営業務について総合的に管理した経験をいいます。 建設業許可を受けようとするものが法人の場合は常勤役員のうち1人が、 個人である場合には本人または支配人のうち1人が該当することが必要です。

建設業経営業務の管理責任者の経験について

写真 経営業務の管理責任者の経験は、次のいずれかに該当しなければなりません。
■許可を受けようとする建設業に関し、5年以上の経営業務の管理責任者としての経験
■許可を受けようとする建設業以外の建設業に関し、7年以上の経営業務の管理責任者としての経験
■許可を受けようとする建設業に関し経営業務の管理責任者に準ずる地位にあって次のいずれかの経験
・経営業務の執行に関して、取締役会の決議を経て取締役会または代表取締役から具体的な権限委譲を受けて、 その権限に基づき、執行役員等として5年以上建設業の経営業務を総合的に管理した経験。
・7年以上経営業務の補佐をした経験。

許可を受けようとする建設業に関し、5年以上の経営業務の管理責任者としての経験の例は
・建設会社を設立してからの年数=5年以上
・建設会社での取締役の経験+会社を設立してからの年数=5年以上
・建設業を個人事業で営業+会社を設立してからの年数=5年以上
経営業務の管理責任者の確認資料が必要になります。
これから、建設業許可をお考えの方は、裏付となる資料を捨ててしまわないように注意してください。

経験の証明が必要になります

写真 経験の裏付け資料が必要になります。
法人の役員経験を証明する場合
商業登記簿の謄本・あるいは閉鎖謄本や登記事項証明書
契約書・請求書・注文書等など
個人事業主の経験を証明する場合
確定申告書の控え・工事の注文書・契約書など
詳しくはご相談ください